カンジダ膣炎の対処法

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎でかゆみが起こる場合、多くは膣・外陰ともにカンジダによる炎症を起こしていると考えられます。その場合、カンジダの治療方法は、膣に抗真菌性の座薬を入れ、外陰部にも同じく抗真菌性の軟膏を塗ります。
大体の場合、症状は3日くらいでおさまりますが、カンジダ菌はまだ膣内に残っており、2週間くらいは治療を続けなければなりません。
予防法は、カビの一種なので、むれないように気をつけましょう。ナイロンストッキングやぴったりとした服は避けましょう。患部を清潔に保ちましょう。 不規則な生活を避けることも大切です。 再発防止には乳酸菌をとりましょう。 ヨーグルトも有効と言われています。
いずれにせよ、早期発見・早期治療が一番です。性病検査でもカンジダ膣炎の検査は可能です。
おかしいな?と思ったら家庭用カンジダ性病検査キットを使い、自宅で手軽に尿からチェックすることが大切です。 そして、カンジダの判定結果が出たら、アメリカから輸入されている、日本では以前は病院で処方されていた有効成分「ミコナゾール」を配合していて、自宅で使えるカンジダ治療薬を使い早期治療を始めることが早期治癒の近道です。もちろんお医者さんで産婦人科や泌尿器科などにかかることも大事です。